患者:46歳男性 初診日:平成28年11月28日(月)

・症状と来院理由

朝起きたら、腰が砕けるような激しい腰痛になり、歩けないような痛み。

本人は腰の骨を何かの弾みで骨折したのかな・・・と非常に不安になる。

腰の激しい痛みと同時に、右臀部から右下肢および右足先までの痺れもある。

以前我が院でギックリ腰を治した妹さんに付き添われ、朝8時半来院。

・治療と経過

SLRテスト右足陽性、その他椎間板ヘルニア徒手テスト陽性、椎間板ヘルニアと判断。

患部に熱感有り、手技により背部の緊張を取る。患部にはキネシオテープを3本貼る。

患部の粗熱を取るために、泥湿布を塗布。

1回目の術後、歩行困難だったのが、自力で歩けるようになり、患者さん驚く。

痛みの程度は来院時に比べれば、50%になったとのこと。翌日にも来院をするように指示。

翌日2回目の来院時の朝には、起床時の痛みほぼ消失。歩行時の痛みは、まだ20%残存との事で、さらに翌日の来院を指示。

来院3日目、歩行時の痛みもほぼ消失。ただし上体の回旋運動時に少しだけ痛みが残るが、ほとんど気にならないレベルまで回復する。

ここからは自宅で様子を見ながら、無理な動作をしないように注意を促し、1週間後の来院を指示。

来院4日目、歩行時の痛みや上体の回旋、側屈すべて痛み消失。再発防止の為の姿勢指導とストレッチ、そして運動療法を指導して仕上げとした。

合計4回の施術にて完治。

・使用した手技

手根による軽い圧迫、軽擦

・施術場所

上背部および両足大腿二頭筋群

4番5番腰椎付近への炎症除去

椎間板ヘルニア 右下肢への痺れ1 椎間板ヘルニア 右下肢からつま先への痺れ